top of page

熱中症は愛する犬猫の命に関わる恐ろしい病気!

更新日:2023年8月26日

今回は「熱中症☀️」についてお話したいと思います。


「熱中症」は命に関わることもある恐ろしい病気です!

ぜひワンちゃんネコちゃんを飼われている皆さま、しっかりとこの機会に熱中症について学んでみてくださいね!

熱中症ってなに?


「熱中症」とは、高温多湿の環境において、高体温と脱水によって全身に様々な異常を引き起こす病気のことです。


犬猫にとっての熱中症の恐ろしさ


人間は汗をかき、その汗が皮膚から蒸発することで体温調節を行っています。


しかし、犬猫は全身に汗をかくことができません。


犬猫は人と比べて体内に熱がこもりやすく、体温調節をしにくいのです。

そのため、熱中症になりやすいのです!!


熱中症を起こす条件が揃えば、たった30分程度の運動でも熱中症が起こることがあります!


人間にとっては「それほど暑くない」状態だとしても、ワンちゃんネコちゃんが耐えられる温度かは分かりませんよ!


また、人と比べて犬や猫の熱中症は【緊急性が高い】ことが多いです!


の熱中症は《軽症》《中等症》《重症》の3つの段階に分類されます。


ここで言う《重症》とは、40℃以上の発熱を伴い、集中治療まで要求される可能性のある段階ことです。


症状としては頭痛、嘔吐、倦怠感、けいれんなどに加え意識障害や肝臓や腎臓の機能障害、血液凝固異常などを呈するとても危険な状態です。


⚠ここで注意してほしいことは、病院に来る犬や猫の熱中症は、人でいう《重症》と同等のことを指すことが多い!ということです!


すでに犬や猫の状態が悪化し、命に関わるような事態になってから、やっと飼い主さんが気付く!ということもあります。


熱中症の初期症状💭

 *ハッハッといった浅く短い呼吸(パンティング)を口を開け舌を出し繰り返す

 *ヨダレがダラダラと出ている

 *目や口の中が赤く充血している

 *ふらつく


初期症状が見られた段階で、室内の場合はエアコンの温度を下げてあげてください。


屋外の場合は、涼しい場所に移動したり、体を冷やすなどの応急処置をしてあげてください。


重症化した場合の症状💥

 *呼び掛けに対する反応が鈍くなる

 *嘔吐や下痢などの消化器症状

 *舌の色が紫色になる

 *ぐったりして元気がない

 *震える

 *意識がなくなる

 *発作が起こる


※注意!

このような症状が見られたら、体を冷やすなどの応急処置をしつつ、すぐに病院に来てください!!

すでに臓器がダメージを受けている可能性もあり、緊急治療の必要があります。


🐶熱中症を起こしやすい犬種🐶


 ・フレンチブルドッグ

 ・パグ

 ・シーズー

 ・ペキニーズ

    などのマズルの短い短頭種


 ・ポメラニアン

 ・ゴールデンレトリーバー

 ・シベリアンハスキー

などの大型犬や被毛の厚い犬種


犬種以外にも✋

 ★体温調節が難しい子犬やシニア犬

 ★毛色が濃く熱を吸収しやすい犬

 ★熱が発散しにくい肥満体型の犬

 ★心臓病や呼吸器に疾患がある


などなど、様々な要因で熱中症になることがあります。


❄️応急処置❄️

上がりすぎた体温を下げることが重要です。


 ・涼しい場所に移動する

 ・ヒトと同じで太い血管が通っている首、わき、太ももの内側の付け根を保冷剤などで冷やす(保冷剤はタオルで包んでください)

 ・スプレーで水を吹きかけたり、直接犬の体に水をかけて濡らす

 ・濡らしたタオルで体全体を覆い扇風機などで風を送る


 ※急速に冷やそうとしたり、冷やし過ぎは逆効果になることもあります❌


飼い主さまができる対策👍


 ✨散歩時は水やクーラーグッズを持ち歩きましょう。水は水分補給以外にも、体にかけて使えます。

 ✨外が暑い時間帯の外出はなるべく避けましょう。動物は靴を履かずに地面の近くを歩きます。そのため、地面の熱さを直に受けます。

 ✨お家の中ではクーラーや扇風機などを使い、温度だけでなく湿度にも気をつけましょう。


まとめ

犬や猫は人に比べて暑さに弱い生き物です。

熱中症は命に関わるとても怖い病気です。

しかし、熱中症は予防ができる病気です。

まずは熱中症にならないように、しっかりと対策をしてあげることが大切です。


また、もし熱中症のような症状が出てしまった場合も、なるべく早い段階で気付いて対応したり、体を冷やすなどの応急処置をすることで、生存確率もあがります。


今回の記事を踏まえ、暑い季節も愛犬・愛猫との生活を楽しんでくださいね😊💕︎


なにか不安やご不明な点がございましたら、お気軽にご相談くださいね😊


ご予約やお問い合わせは、公式LINEかお電話でいつでもお気軽に😊

当院は、大田区南千束にある動物病院です!

東急池上線の洗足池駅・石川台駅から徒歩5分!

ペットホテル・トリミングも行っています!

朝7時からの早朝診療で暑い季節やお仕事前にも安心!

土日祝日も診察しています!

LINEから24時間簡単にご予約可能の予約優先制です!

どんな些細なお悩みもご相談くださいね😊

ご予約はホームページの予約ボタンか公式LINEから!

詳しくはホームページをご覧ください☺️✨

0件のコメント

関連記事

すべて表示

犬猫も食中毒になるって知ってた?

今回は犬猫の食中毒🌻についてお話したいと思います。 特に、「暑くてジメジメしやすい夏場」に要注意なお話です! 犬猫にも食中毒があるって知ってた? 皆さんは、ワンちゃんネコちゃんにも「食中毒」があるって知ってましたか? 1年を通して食中毒は発生しますが、特に夏は高温多湿のため細菌🦠が増えやすくなります。 👾食中毒を起こす原因としては、人間と同様に「細菌性のもの」や、「毒キノコやフグ毒など自然に

実はその症状「食物アレルギー」かも!?

皮膚シリーズ第3回🐣 今回は『食物アレルギー』についてお話したいと思います。 人だと一般的に耳にする言葉ですが、実は犬猫にも食物アレルギーがあります❗️ 食物アレルギーってなに? ☝️食物アレルギーは、『タンパク質』が原因と言われています。 普段のご飯やおやつに含まれる、主に特定のタンパク質が原因で体に反応し、アレルギー反応が起こることを指します。 ✌️アレルギー反応とは、体内に異物や病原体を排

Comments


bottom of page